青春時代に悩み苦しんだ精神活動と思考実験

神様って本当にいると思いますか?
天国は本当にあるの?
地獄は?
人は死んだらどうなるの?
肉体は土に還っても心は?
心はどうなるの?
私は中学生になったばかりの頃から大学を卒業するまで、ずっとそんな事を考えていました。
「生きる」って何だろう。
生きる意味なんて人にあるのかな。
どの問いも、どれだけ考えても答えは見つかりませんでした。
いえ、今も見つかっていません。
当然と言えば当然かもしれません。
だって古来から多くの偉大な哲学者たちが考え続けても明確な答えが出ていないのですから、私のような凡人に答えが見つかるわけがないのは、ある意味当然ですね。
それでも当時の私には考えずにはいられなかったんです。
というより無意識に生や死について考えている自分がいた、と言った方が適切かもしれません。
私がそのような悩みから解放されたのは、大学を卒業して同期の人たちと話した時、ほかの人も大なり小なり似たような悩みを持っていたのを知った時でした。http://www.jinghonghj.com/12kasyo.html